皮膚縫合実習を行いました!

こんにちは 古賀総合病院 広報担当です(^-^)/

8月17日(木)に針刺し事故予防の一環として、ジョンソン・エンド・ジョンション(株)
から縫合糸と縫合針の製品説明、針刺し後のコスト等についてご説明いただいた後、豚皮を使用して皮膚縫合実習を行いました
実習では外科の古賀倫太郎先生が「単純結節縫合」「垂直マットレス縫合」「真皮縫合」を解説してくださいました。
各説明の後、豚皮を使って実習開始!

真皮縫合1 真皮縫合2 真皮縫合3 真皮縫合4

外科の菅瀬先生、堂福先生、皮膚科の帖佐先生も研修医たちについて丁寧にアドバイスしてくださいました。
実習の途中から当直中の研修医、手術に入っていた研修医、手術が終わったばかりの坪井先生、黒木直美先生も加わり、実習終了の時間を過ぎても研修医たちは熱心に縫合を続けていました

2年目の先生たちは慣れた様子で、黙々と実習をしていました
1年目の先生たちは講師の先生方にやり方やコツを指導していただきがら、一針でも多く!と集中して実習を行っていました


貴重な実習の機会を設けられてよかったです。ご協力いただいた皆様ありがとうございました

ではでは

宮崎北警察署より感謝状をいただきました

こんにちは(*´v`)古賀総合病院広報室担当です。

早速ですが、みなさん日頃安全運転は心がけていますか?
シートベルトはつけていますか?

当院は交通安全管理モデル事業所として、「交通ルールの遵守」や「交通マナーの向上」に努めています
その活動が評価され、今回宮崎北警察署より感謝状をいただきました


交通安全表彰1 交通安全表彰2 交通安全表彰3


全部署参加のTQM推進会議の開催前に感謝状の授与が行われ、そのあと後部座席のシートベルトの
義務化・重要性についてお話がありました。

後部座席のシートベルトの役割は、「自分自身の大きな被害」「車外放出」「前席同乗者への加害」を防ぐことです。
自分自身だけではなく、 同乗している家族や友達のためにもシートベルトを付けましょう

運転も思いやりが大事。
時間のない朝の通勤は、ついつい急ぎがちですが、時間にも心にもゆとりをもって運転したいと思いますp(*^-^*)q

ではでは

まつりえれこっちゃみやざき 市民総踊りに参加しました!


こんにちは(≧∀≦) 古賀総合病院広報担当です!!

7月29日(土)・30日(日)に宮崎市中心市街地にて「まつりえれこっちゃみやざき2017」が開催されました。
29日17時から行われた市民総踊りに、今年もメディカルフィットネスフィオーレが参加し、総勢約100名で楽しく夏の思い出を作ることが出来ました。

まつりえれこっちゃみやざき2017 1 まつりえれこっちゃみやざき2017 2 まつりえれこっちゃみやざき2017 3
まつりえれこっちゃみやざき2017 4 まつりえれこっちゃみやざき2017 5

ご参加いただいた皆様、応援に来て下さった皆様、誠にありがとうございました!

ではでは

第2回オープンキャンパスを開催しました


こんにちは(*´ω`) 古賀総合病院広報担当です!

8月5日(土)にフィオーレKOGA看護専門学校にて第2回オープンキャンパスを開催しました。
今回はその様子について紹介いたします。
 
当日は台風5号が接近中!心配でしたが、多くの方々にお越しいただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました

 aIMG_1122.jpg aIMG_1141.jpg

看護体験コーナーではアロマトリートメントとエアースプレーの作成を行い、
参加した方は自分の好きな香りを見つけ、楽しんでいらっしゃる様子でした。
 
aIMG_1168.jpg aIMG_11602.jpg

また、質問や相談ができる「在学生と話そうコーナー」も好評でした。
お越しいただいた方、在学生共に、笑顔で楽しそうでした

次回オープンキャンパスは8月20日(日)に開催予定です。
詳細・お申込みはこちらをご覧ください

ではでは

供養祭を行いました

こんにちは(^-^)/ 古賀総合病院 広報室担当です

宮崎は台風5号が過ぎ、日差しが戻って暑い日が続いています
各地の台風の影響が心配ですね



当院では「権藤八右衛門」の供養祭が行われました。

「権藤八右衛門」って何者?



昔、当院の近くには、宮崎城がありました

1600年、徳川家康が天下を取った時代に宮崎城の城代をしていたのが、「権藤平左衛門種盛」、その弟が「権藤八右衛門」です。

関ヶ原の戦いにおいて西軍豊臣方につき、約100名で宮崎城を守っていましたが、東軍の猛攻に合い宮崎城は陥落し、城代である「権藤平左衛門種盛」は自刃しました。



縁あって、当院の敷地内には宮崎城落城時の戦死者の墓があります。

その墓が「権藤平左衛門種盛」の弟、「権藤八右衛門」の墓と伝えられています。

毎年この時期に、当院の職員と直純寺(じきじゅんじ)のご住職で供養をさせていただいております。



DSCN4053.jpg   s-DSC06652加工   s-DSC06660加工


台風が心配でしたが、今年も無事に供養祭を行えてほっとしました
これからも大事に、後世に受け継いでいきたいと思います

ではでは