「e-レジフェアin福岡」


こんにちは(`・ω・´) 古賀総合病院広報担当です
梅雨本番のこの頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
古賀総合病院の周辺では元気な蛙の声が聞こえています

6月18日(日)に福岡県北九州市にある西日本総合展示場で、医学生向け説明会「e-レジフェアin福岡」が開催され、宮崎県臨床研修病院群として出展しました。当院からは研修医2名と担当者1名が参加しました。

H290618 eレジフェアin福岡 (1) H290618 eレジフェアin福岡 (2) H290618 eレジフェアin福岡 (3)

宮崎大学の医学生を中心に、過去最多35名の方がブースに訪れてくれました。
当院の研修医も元気よく対応してくれ、プログラムや魅力をアピールすることができました。

H290618 eレジフェアin福岡 (4)

当日お越しいただいた皆様、足を運んでいただきありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしております

ではでは

平成29年度 メンター委嘱式

5月19日(金)に、メンターの委嘱式を行いました。
メンターとは一般的に、人生や仕事上の指導者・助言者のことを指します。
当院では昨年度より研修医のメンター制度を導入し、指導医だけではなく、他職種から選ばれたメンターが担当研修医との面談を通して、フォローを行っています。

平成29年度のメンターは合計27名。看護部をはじめ、多職種の方にメンターを担っていただきます。
委嘱式では、古賀理事長からメンターへ委嘱状が授与されました(緊張!)。その後、メンター経験者からの体験談や「メンター制度」について松浦良樹先生から説明を行っていただきました。

H290519 メンター委嘱式① H290519 メンター委嘱式② H290519 メンター委嘱式③ H290519 メンター委嘱式④

メンターの依頼に伺った際、「私にできますか?」「何をしたらいいの?」と不安の声もありましたが、まずはメンターと研修医がたくさん会話することが大切なんです。その中で研修医の失敗談や不安に思っていること、期待していることを聞いたり、「ちゃんとご飯食べてる?」といった声をかけてあげましょう。

研修医のみなさん、なんでもメンターに聞いてもらいましょう!秘密厳守なので、プライベートのことも大丈夫!
メンターのみなさん、研修医のお父さん・お母さん・お兄さん・お姉さんになったつもりで研修医の話を聞いてください。研修が終わるころには、わが子のように思えてきます。時には優しく、時には厳しく、研修医のサポートをお願いします!

第22回 池内地区運動会

こんにちは(^∇^) 古賀総合病院広報担当です!

5月14日(日)に、古賀総合病院の所在地である宮崎市池内町において、第22回目となる地区運動会が開催されたので、その様子について紹介します!
池内地区運動会は4地区に分かれた対抗戦で、参加するのは高齢者から小学生まで幅広い年齢層です。
班のメンバーは初対面の方もいたようで、始めは少しぎこちない雰囲気でしたが、プログラムが進むにつれ、運動会が終わるころにはすっかり打ち解けた様子が伺えました。

H290514 第22回池内地区運動会 (1) H290514 第22回池内地区運動会 (2) H290514 第22回池内地区運動会 (3) H290514 第22回池内地区運動会 (4)

特にリレー競技ではたくさんの声援で大いに盛り上がり、地域の方々と交流を深める楽しい運動会となりました!

ではでは

フィオーレKOGA看護専門学校交流会

こんにちは(^∇^) 古賀総合病院広報担当です!

フィオーレKOGA看護専門学校の学生交流会が、4月28日(金)に「生目の杜遊古館」にて行われたので、その様子を紹介します。

午前中は「生目の杜遊古館」にて、火おこし体験、飯盒炊飯・カレー作りを協力しながら楽しみました。

H290501 フィオーレKOGA看護専門学校交流会a H290501 フィオーレKOGA看護専門学校交流会b

午後からはグループに分かれ、古墳群を散策しクイズを解くゲームの「史跡公園ウォークラリー」をしました。

H290501 フィオーレKOGA看護専門学校交流会c H290501 フィオーレKOGA看護専門学校交流会d

看護学生たちは生き生きとした表情で、自然の中での交流を深めていました。

ではでは

ICLS講習会

こんにちは(*^∇^*) 古賀総合病院広報担当です!

4月22日(土)に当院にて、ICLS講習会が開催されましたので、紹介いたします。

※ICLSとは
Immediate Cardiac Life Supportの略称です。
突然の心肺停止の際の対処法を学ぶ日本救急医学会認定のコースです。

H290422 ICLS 1, H290422 ICLS 2, H290422 ICLS 3,
H290422 ICLS 4, H290422 ICLS 5, H290422 ICLS 6,

研修医の声
H先生
「医者として働き始めたこの時期にICLS講習を受けることができてよかったと思います。」
O先生
「最初は不安でしたが、チームワークで働くことの大切さと、経験の大切さを学ぶことができました。自分で思っていた以上にできるようになりました」
K先生
「いつ役立てる時が来るのかわからないものなので、常に復習していつでも役立てられるようにしたいです」

インストラクターの先生
「今回のICLS講習会では受講生が一所懸命に取り組んでくれて、9時間という長いコースを最後まで元気よく頑張ってくれました。また多くの職員が見学に来てくれて、必要とされているコースであると思いました。外部からベテランインストラクターを呼んでおり、質の高いコースです。今後もこのコースを続けていきたいと思います!」

受講生たちは慣れない「胸骨圧迫」に、最初はぎこちない様子でしたが、練習を重ねる度に姿勢もよくなりどんどん上手になっていくのがよくわかりました。講習終了後は筋肉痛になった方もいたようですが、お疲れ様でした。

ではでは